ノルウェーの森

ノルウェーの森の猫、ラケルの日記♪ (NFC, Calico)

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

注意すべき食べ物

こちらも覚え書きとして、猫にとって注意すべき食べ物リストです。


■ 注意すべき食べ物 ■

-------------------------
【塩分の多い物】

猫にも塩分は必要だが、
汗をかくことができない猫は、
余分な塩分を汗によって排出することができないので、
必要以上に塩分を摂取しすぎると、
心臓や腎臓の疾患の原因となる。

魚の干した物や、人間用の缶詰、ハムやちくわ、
醤油やみそなどで味付けした物は与えない。

カツオ節も人間用のものは塩分を加えてあるため、要注意。
(ペット用等の塩分を加えていないものが望ましい)

---------------------------
【甘い物】

甘い物は基本的に、猫の食生活にないもの。
歯の健康にとってもよくないので、与えない。

チョコレートは、猫の心臓に負担をかける。
アイスクリームなども良くない。
発症率はあんまり高くないが、
糖尿病になってしまうこともある。

-----------------------------
【その他】

ドッグフ-ド
脂肪分・ビタミン&必須ミネラルが不足。

人間用のツナ缶
脂肪・塩分が多い、
必要なビタミンが添加されていない。


牛乳
猫は乳糖を分解できにくい体質なので、
下痢する場合がある。
市販のネコ用ミルクは乳糖をとり除いてある。


お菓子や清涼飲料水
塩分・糖分・香辛料が含まれている。


食べかけの猫缶詰や水
食物や飲み水中の雑菌は10℃を越えると、
急激に繁殖するため、食中毒に注意!
特に浄水器を通した水を使う場合は、
保存に適さないので頻繁に変えるようにする。


----

にほんブログ村 猫ブログへ   人気blogランキング
スポンサーサイト

| 猫にとって危険な食べ物 | 01:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

猫に危険な食べ物

自分用の覚え書きとしてアップしておきます。

---------
■ ねこにとって危険な食べ物一覧 ■

-------------------
・生の豚肉
 人間にも感染するトキソプラズマという
 寄生虫が含まれていることがある。
 加熱してから与えれば OK。

・生卵
 生の白身には、ビタミンの一種、ビオチンを
 分解する酵素が含まれている。
 過食すると、皮膚炎や結膜炎等を引き起こす可能性がある。
 ゆで卵のように、加熱して与えれば問題ない。
------------

------------
・イカの刺身
 お腹で10倍にふやけ、
 胃拡張となって、動けなくなることがある。
 消化が悪い >> 消化不良嘔吐の原因。
 生のイカにはビタミンB1を破壊する
 酵素(チアミナーゼ)が入っている。

・「生」のタコ、エビ、貝類、魚類
 チアミナーゼがビタミB1を破壊する。
 >> 急性ビタミンB1欠乏症を引き起こす。

 ※ただし、チアミナーゼは加熱されると効力を失うため、
  イカや魚介類は、加熱してから
  あげれば大丈夫のようだ。

 ※マグロは低カルシウムでリンを多く含むため、
  赤身魚を常食すると骨の病気の原因になる。
  加熱してたまに与えるなら問題ない。
  ただし、赤身魚のマグロやカツオは、
  アレルギーを起こす頻度の高い食材であるとする説もある。

 ※貝類は内臓をはずして与える。

・アワビ、さざえ、トコブシ
 特に内臓に要注意。
 アワビを与えると耳が欠ける
 という話もあるが、
 皮膚炎になる可能性がある。
------------


・パン類
 イースト入りのパンは、消化管の中で膨らみ、
 ガスを発生させる場合がある。


・人間用の薬(頭痛薬や風邪薬など)
 アセトアミノフェンやアスピリンなどが
 猫にとっては有毒。


・お漬物、味噌汁
 塩分が腎臓にダメ-ジを与える。

・玉ねぎ、長ネギ、ニラ、にんにく、
 らっきょう、ゆり根、アサツキ
 赤血球の細胞膜をこわして溶血性貧血になる。
 症状が重い場合には急性腎不全になる場合も・・・。
 
・ほうれんそう、ごぼう
 いわゆる灰汁(あく)があるものは
 シュウ酸成分がよくない。

・アルコール
 肝臓への負担が大きい。
 酔いを引き起こし、
 昏睡または死に至ることもある。

・アボガド
 ペルジンという物質が、嘔吐や下痢などの
 症状をひきおこす。

・チョコレート、ココア、コーヒ-、お茶など
 カカオマスに含まれる成分やカフェインが、
 心臓や神経に負担をかける。

・ビタミン他過剰摂取
 人間のサプリの感覚であげていると、過剰症になる。
 特に脂溶性(A・D・K)と
 カルシウムと鉄分には要注意。
 (総合栄養食のキャットフードを与えているなら、
  サプリはそう必要ないが、
  手作り食の時は、
  不足している栄養素をサプリで補う必要もある)

・ブドウ、レーズン
 腎臓にダメ-ジを与える可能性がる。

・海苔、青海苔、ひじき、昆布、
 ナッツ、蕎麦など
 これらに含まれる豊富なマグネシウムは、
 一般的にFLUTD
 (猫下部尿路疾患=尿路結石など)の
 原因とされる。

・マカデミアナッツ、アーモンド
 神経や消化器に影響を及ぼす。

-----------
にほんブログ村 猫ブログへ   人気blogランキング

| 猫にとって危険な食べ物 | 01:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |