FC2ブログ

ノルウェーの森

ノルウェーの森の猫、ラケルの日記♪ (NFC, Calico)

2007年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年10月

≫ EDIT

The girl meets the boy!?

それは、ある昼下がりの出来事




普段ほとんど鳴かないラケルが、
珍しく鳴き声をあげるので、
声の方を見てみると---------
毛が逆立っている!?



rc256b.jpg

明らかに威嚇モードに入っているラケルの視線の先には、
一匹の猫。(網戸越しですが・・・)



rc256c.jpg

相手の猫も興味津々のようでしたが、
わたしがカメラを構えると、
警戒して立ち去っていきました。
(惜しい! もう少し写真が撮りたかったのにぃ~!)



rc256d.jpg

という訳で、警戒警報解除!


生後6ヶ月頃まで他の猫たちと出会う機会があると、
他の猫に対しても社交的になるが、
大きくなってから他の猫と出会う、
あるいは小さい内から母猫のもとを離され、
(特に一匹で)人間に飼われると、
他の猫を仲間と認識せず、過剰に反応する、
あるいは無視する?ーーーと聞いたことがありますが、
ラケルはどうなんでしょう?
 
人に対してはイヌのようにフレンドリーで
人見知りしないのですが、
猫見知りはするのかなぁ?

少なくとも生後3ヶ月までは、
大家族の中で猫まみれで生活してきたので、
比較的猫社会に慣れているとは思っていたのですが、さて?

ちなみに生後4ヶ月の頃、
わたしが抱きかかえた状態で、
近所の散歩中のイヌと対面させてみたところ、
逃げようとするわけでもなく、
威嚇もせず、
(イヌも猫も)互いに興味津々といった感じでした。

ラケルの実家に連れて行ったら、
すぐに馴染むのか、
それとも小さかった時のことは忘れて威嚇するのか、
一体どのような反応を示すのだろうと気になる今日この頃です。

------
ミケレンジャー「ラケル」をよろしくお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログへ   人気blogランキング


スポンサーサイト



| Rachel | 10:47 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年10月