FC2ブログ

ノルウェーの森

ノルウェーの森の猫、ラケルの日記♪ (NFC, Calico)

2008年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年03月

≫ EDIT

命を想う

以前飼っていた猫、Cali(カリ)の写真です。
Mix のハチワレ三毛の女の子。
Cali を知っている人は、ラケルを見て、
「Cali に似ているね」と言います。
(あ、でも性格は違います。
 ラケルの方が好奇心旺盛で活動的です。)



昨日出張から戻り、メールを確認すると、
Cali を看取った時の日記を読んだという方からのメールが一通在りました。
久しぶりに当時記した日記を読みました。
読んでいるとやはり、涙がこぼれます。

その後、猫ブログ巡りをしていて、
barai さんの友人が急逝されたことを
barai さんの日記で知りました。
亡くなられた方のことを私は直接は存じ上げず、
今回初めてその方のブログにおじゃましました。
愛情をいっぱい注がれた猫ちゃんと、
楽しく暖かなコメント。
その方がもうブログが更新されることはないと思うと
とても寂しく、残念です。

そんな思いを抱いた翌朝、
送られてきた印刷物の中に記されていた、
ある言葉が目にとまりました。

「このまま私が悲しんで過ごせば、
 ○○の死が悲しいだけの死になってしまうけれど、
 この死に促されて私が生きることができれば、
 その死が意味のある死になる。」

16歳の息子さんを脳腫瘍で亡くされたあるお母さんの
言葉でした。
(「○○」には、本当は息子さんの名前が記されています)

死と命は必ずしも対立する言葉ではない。
死は命を支える。
命は死を乗り越える力になる。
「死」を身近に意識したとき、
「命」も鮮やかに意識する。
誰かの死(人もペットも)は、親しい者達にとって、
悲しみではあるけど、
何かを教えてくれたり、
生き方を変えたり、
時に「生きる力」、「生きる希望」さえ与える。

誰かの死を「悲しいだけの死」にはしたくない、
わたしもそう思いました。

このお母さんは、息子さんが亡くなられた病院で
ボランティアを始められたそうです。

------

にほんブログ村 猫ブログへ   人気blogランキング
スポンサーサイト



| Rachel | 16:19 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年03月