FC2ブログ

ノルウェーの森

ノルウェーの森の猫、ラケルの日記♪ (NFC, Calico)

2009年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年12月

≫ EDIT

キャンパー君とラケル

金曜日に無事、帰国しました。
ビザがあっても、一度出国して再入国するとき、
すんなり受け入れてもらえないこともあると聞いていて
どきどきしていたのですが、なんとか無事、(アメリカ)入国審査もパス。
昼前にアメリカへ帰国し、
午後はオフィスに顔を出し、少し仕事を片付け、
夜、ラケルを迎えに行きました。

お留守番の間、
キャンパー君(犬)のお宅ですっかりくつろいでいたラケル。


↑ キャンパー君のおもちゃで遊ぶラケル。
  キャンパー君ったら、なんて寛容なのでしょう!
  (本当によく訓練されているワンちゃんです)


rca039a.jpg
↑ ラケルのしっぽを枕に、まったりくつろぐキャンパー君。
  ラケルも安心しきっています!
  (この写真を見たとき、実は驚いた私です)
  本当に仲良し!!

ビデオを見ていたキャンパー君の飼い主さんのお膝の上に乗って甘えたり、
飼い主さんのお母さんが遊びに来られたときも、
その膝の上でのび~っとくつろいだり・・・
すっかり甘え放題のラケル。
キャンパー君の飼い主さんたちにもかわいがってもらえたようです。
迎えに行くと、
「ラケルがいなくなると寂しくなる。
 またいつでも歓迎します。明日でも OKよ!」
と言われました。

また出張 or 日本一時帰国の折りは、
よろしくお願いします。 <(_ _)>

ーーー
キャンパー君の飼い主さんの膝から落ちそうになったとき、
ラケルは爪を立てず、ずるずるとそのまま落ち(笑)、
もう一度ジャンプして膝の上に乗り直したそうです。
「爪を立てなかった」
ということに感心されたのですが、
それはラケルの「心遣い」なのか、
それとも単にぼ~っとしているのか・・・悩むところです。
普段から、じゃれているときも歯は立てても爪は立てないラケルですが、
わたしの背中から滑り降りそうになった時は、さすがに爪を立てられました。

にほんブログ村 猫ブログへ   人気blogランキング
スポンサーサイト



| Rachel | 18:59 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年12月