ノルウェーの森

ノルウェーの森の猫、ラケルの日記♪ (NFC, Calico)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

旅の準備:「アメリカ入国」および「日本入国」について

rc573.jpg
(写真をクリックすると大きく表示されます)

入国の検疫基準は、国や州によっても違います。
カリフォルニア州についての詳細はまだ調べていないのですが、
とりあえず、アメリカ入国の基準のみ
今回は記します。

在日アメリカ大使館に電話をすると、最初、英語で応答されますが、
日本語でもよいかと尋ねれば、日本語でも応対してくれます。
アメリカ入国の際の検疫手順は、基本的に下記のようになります。

----------------

ペットと共に、税関で、「輸出検疫証明書」を提出する。
問題なければ、そのまま入国。

※ 「輸出検疫証明書」は、日本出国時の輸出検疫終了後にもらえます。

州によっては、「狂犬病予防接種証明書」(英文・日本文どちらでも可)が
必要とされるので、念のため用意して置いた方がよさそうです。
これも日本出国時に検疫で提示すれば、
係官が「輸出検疫証明書」にその旨を記載してくれます。

----------------

また(その可能性は低いのですが)、
ラケルを連れて2年以内に帰国する時に
ラケルの係留時間を12時間以内にするために、
下記の書類も用意しておこうと思います。

1)マイクロチップ埋め込み証明書
2)狂犬病予防注射証明書
3)狂犬病の抗体検査結果(農林水産大臣の検査施設から発行された証明書)
4)狂犬病抗体検査に用いた血液の採血証明書
※上記すべての書類に、マイクロチップの番号記載が必要。

詳細はこちら ■>> 「犬、猫の旅行 ・短期滞在編」

-------

通常(短期滞在でない場合)の日本への輸入手続きは、以下の通りです。

輸出国政府機関発行の証明書が必要です。
証明書には次の事項が証明されていなければなりません。

1 .マイクロチップによる個体識別
2 .1のあと、2回以上の狂犬病の予防注射
3 .2のあと、狂犬病の抗体価の確認
4 .3のあと、180日間の輸出(帰国)待機を行ったこと
5 .狂犬病及びレプトスピラ病(犬のみ)にかかっていないか又はかかっている疑いがないこと

これらの事項が確認できた場合、到着時の係留期間は12時間以内となります。

※ 詳細はこちら ■>> 「犬、猫の日本への入国 (指定地域以外編)」

-------
ラケル 「なんか頭がくらくらしてきた・・・」

にほんブログ村 猫ブログへ   人気blogランキング


スポンサーサイト

| 旅 with 猫 | 13:45 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ご無沙汰いたしました。
なんだか、とっても準備が大変そうですが・・・
がんばってくださいね♪

| まりま~ | 2008/10/18 19:01 | URL | ≫ EDIT

うわぁ、読んでる私もなんだかクラクラ・・・
第一英語全くダメな私が
大使館に電話なんて絶対無理!
アメリカに連れて行くときは、
ニャンコにも狂犬病の予防注射って必要なんですね。
知らなかった~。
はぁ~ホント大変ですね。頑張って!

| 善吉 | 2008/10/19 02:01 | URL | ≫ EDIT

本当に複雑な手続きですねー・・・
私はめんどくさがりなので、こういう書類系はいつも詰めが甘くて。
それに比べてAngeさんは抜かりないですね。
ホント私まで勉強させてもらってます。

| えすわい | 2008/10/19 12:55 | URL | ≫ EDIT

はーっ…
ほんとに読んでても頭くっらくらしてきました(・ω・m)
マイクロチップとかも必要になってくるんですね~。
でもすごく為になる情報ばかりですよね。
これからほんとに大変でしょうけど頑張ってくださいね!!

| うにゃ。 | 2008/10/19 19:32 | URL | ≫ EDIT

> まりま~さん
日本出国、アメリカ入国、日本帰国のすべての準備を整えて
・・・と考えると、案外面倒です。
でも書類不備があると、
それこそ半年近く検疫所に係留されることもありうるので、
(それはかわいそう!!)
抜かりなく整えないとと思っています。

> 善吉さん
なんかね、本当にクラクラしてきます。
出国準備より、
実は帰国準備の方が大変そうです。
猫は以前は狂犬病検査は義務づけられていなかったようですが、
2004年より、猫にも狂犬病予防注射と検査が義務づけられたようです。

> えすわいさん
面倒です・・・ほんと。
でも書類不備でラケルが
係留されることになるのは絶対嫌!なので
手続きについて情報を集め、
ちゃんと調べておこうと思っています。

> うにゃ。さん
ほんとうにくらっくらしてきます・・・(涙)。
マイクロチップ問題もあるのですが、
それはまた後日の日記に記します。
いろいろやっかいです・・・ほんと。
でもラケルのために(自分が安心できるためにも)
がんばります。

| Ange | 2008/10/20 10:32 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bisucali.blog89.fc2.com/tb.php/567-7290ab5c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。