ノルウェーの森

ノルウェーの森の猫、ラケルの日記♪ (NFC, Calico)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

抗体検査ーーーラケル、がんばりました(T_T)

今日は「狂犬病」予防のための「抗体検査」用の採血のため、
再び病院へ行ってきました。

午前中、ラケルを病院へ連れて行き、
そのまま半日預け、夕方迎えに行きました。

ラケルは血管が細かったため、採血にかなり手間取り、
結局、腕の毛も少し剃られ、
腕だけでは必要量が取れなかったため、
首のあたり(頸動脈)からも採血したようです。

麻酔もされ、首もと(切開されたのは表面の皮だけということですが)を
4針縫われていました。
(゜◇゜)ガーン

4針って・・・避妊手術を受けたときと同じ針数!?

麻酔の影響か、採血跡が痛いのか、
家に連れ帰って、キャリーから出した後、
後ろ足をびっこひきながら歩いていたのも痛々しかったです(涙)。

かつおおやつをあげると
喜んで食べていたので、食欲は問題なし(ほっ・・・)。

今は冷蔵庫の上にいるので、
(この日記を書いている間に、飛び乗った模様)
足の方もそう心配ないのかな・・・??

獣医さんの話だと、猫は狂犬病の抗体ができにくいらしく、
もし抗体が出来ていない(あるいは不足している)と、
再度狂犬病の予防接種を受け、
またこの「辛い」採血をさせることになります。

どうか無事、一発で抗体ができていますように!!!

結果が出るのは、2週間くらい後とのこと。

以前、「猫の出国準備のために2ヶ月前から動き出さないと」、と
日記に書きましたが、抗体検査に2週間ぐらい時間がかかること、
必ずしも1回の検査で抗体ができている訳でないこと等を想定すると、
4ヶ月以上前から準備を始めた方が良さそうです。

ラケルの場合、11月末に1回目の予防接種、
12月末に2回目の予防接種、
年明け(今日)に、抗体検査のための採血。
今月後半には検査結果が届く予定。
抗体検査にパスしていれば、その後の諸手続は比較的スムーズに進みますが、
そうでないときは、再度狂犬病の予防接種をし、
2月はじめに再採血。
その結果が2月中に出ると思うので、
3月半ば以降の出発、あるいは4月はじめの出発には
まだ間に合うーーーはず!

rc604.jpg
(この写真は、ラケルの誕生日=2008年12月27日に撮ったもの)

ーーー
海外へ猫を一緒に連れて行くのは
思った以上に大変だとわかりました。(涙)
採血がスムーズに行くか否かは個体差もあるでしょうが、
結果的にラケルにかなり負担をかけてしまったようで
申し訳なく思っています。

ラケル、ごめんね・・・。

にほんブログ村 猫ブログへ   人気blogランキング
スポンサーサイト

| 旅 with 猫 | 17:29 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ラケルちゃん、お疲れ様でした。
採血は中々しにくい子もいますものね(採る量にもよったりもするらしいけど。)
抗体ができてるといいですね、祈ってます!!
そう言えば・・・以前長老に噛まれてめっさ出血して救急病院に行った時に私が狂犬病の注射を打たれました、もう1回打ちにくるようにってのをスルーした記憶が@余談ですが。

| barai | 2009/01/06 21:33 | URL | ≫ EDIT

ラケルちゃんお疲れ様でした~
うぅんでも、ラケルちゃんといっしょにいるためですもの。
ラケルちゃんがしゃべれたら平気~っておっしゃると思いますよー。
しかし首元からの採血って皮を切開するんですね~びっくりしますよねそれは。

今年もよろしくです!
Angeさんとラケルちゃんにとってよい年でありますように!!
いろいろ環境とかも変化の年ですもんね!ミケレンジャーの活躍楽しみにしております(^^)!

| のぼのぼ | 2009/01/07 00:34 | URL | ≫ EDIT

> barai さん
血清1ccを採るためには、
3cc以上の採血が必要らしく、
これは猫や小型犬にとっては
通常の採血より量が多く、
負担も大きいようです。(涙)
狂犬病の予防接種って、
1回目の受けた1ヶ月後以降にもう一度受けるようでしたが(ラケルの場合)、
barai さん、それで大丈夫でした??
あ、でも今お元気なら、大丈夫ですね。
(狂犬病の潜伏期間は半年のようですし)
どうか抗体検査に一発でパスしますように!!!(祈)

> のぼのぼさん
採血しやすいように、麻酔の後、
皮を切開して血管を取り出し、採血したようです。
(痛っ)

ミケレンジャーにとっても思いの外、
試練の年となりそうですが、
この春を頑張って乗り切れば、
あとはゆったりできるかと思うので
(基本的に環境の変化には強いラケルです)
もう一踏ん張り、がんばれ!!
とエールを送っているところです。
今年もりきしゃんテテしゃんのお写真で
和ませて下さいね♪

| Ange | 2009/01/07 12:28 | URL | ≫ EDIT

ラケルちゃん、お疲れ様~。よく頑張ったねぇ。
獣医さん、「狂犬病の抗体はできにくい」だなんて
もしダメだったときに慰めとして言って欲しかったなぁ。
無事に抗体ができていることを祈っています。

| えすわい | 2009/01/07 15:26 | URL | ≫ EDIT

やっぱり、色々不測の事態ってあるんですね。
ところで、4針も縫う処置で事前の連絡がないって、
ちょっと「え~v-237」ですよね。
アンナが乳腺腫瘍の疑いで通院していた時も、
獣医さんとの考え方のギャップに驚いた経験があります。
お医者さんにとっては簡単な安全な処置でも、
猫にとってはやはりストレスだし、飼い主によく説明して
欲しいなって思いました。
一度で済むといいですね。

| Caroline | 2009/01/08 00:43 | URL | ≫ EDIT

> えすわいさん
今更引き戻せないし、
なんとしてもラケルに抗体ができていないと
困るのですが、
もう一度あの採血をさせるのは辛すぎます(涙)。
どうか一発で抗体が出来ていますように!!!

> Caloline さん
まずは腕から採血するけど、
それで採れないときは、
頸動脈から採血する可能性があること、
時間がかかり暴れるようなら、
麻酔をかけて採血することもあること、
は、事前に伺っていたのですが、
まさか切開して採血するとは思わなかったので、
ショックを受けました。
獣医さんも採血にだいぶ苦労してみたいで
できるならもうしたくない様子でした。
どうか抗体ができていますように!!
獣医さんとも十分にコミュニケーションを取り、
事前にしっかり説明してもらうことって大事ですよね。

| Ange | 2009/01/08 16:21 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bisucali.blog89.fc2.com/tb.php/605-413c0f68

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。